お役立ちブログ

住宅の断熱材(その1)

断熱材は、北海道や東北のような寒冷地から、必要性が認知され始めました。


1953年に定められた「北海道防寒住宅建設促進法」(寒住法)に関連し、


寒さ対策を行った家に対しての公庫融資支援が始まりとされています。


その後、オイルショックなどの社会環境の影響を受け、断熱材にさらなる


厚みを持たせる必要性が発生したりと「寒くない家」に対する認識が


さらに深まって行きました。


近年では、エコロジー・エコノミーの観点も加わり、よりこの「断熱材」


に対する関心が高まっています。


今回は、繊維系断熱材の種類と特徴をお伝えいたします。


◆グラスウール


極細のガラス繊維でできています。


安価な部類とされている上に、防音効果もあります。


そのことから、住宅だけでなく映画館やコンサートホールなどにも


多くの利用例があります。


防音といえばグラスウールは代表的なものです。


また、そもそもの素材がガラス繊維ですから、


シロアリなどの虫害を受けることがありません。


また火災にも強いのがメリットです。


一般住宅でも、楽器の演奏や音楽鑑賞やシアタールームが欲しい方からの


ご希望が多いのが、このグラスウールです。


◆セルローズファイバー

木質の繊維を利用して作られるのが、このセルローズファイバーです。


綿や新聞紙、段ボールが原料となっています。


これらの原料に、ホウ酸や硫酸アンモニウムを配合することで、


難燃性や防虫効果を持たせてあります。


コストとしては比較的高価な部類に入り、施工に手間がかかるとされます。


エコロジーの観点から注目するお施主さまが増えている断熱材です。


同じ繊維質とはいえ、グラスウールと比較して調湿性に優れているという


見方もあり、家の結露が気になる方には検討して頂きたい断熱材のひとつです。


◆インシュレーションボード


解体された木造建築物の廃材や、木材加工場から出る端材などを


廃木材チップに加工し、ボード状に成形したものです。


貴重な木材を再利用するエコロジーのニーズに応えると同時に、


木の持つ調湿性から人気の高い断熱材です。


壁の内部でおこる結露にも対応でき、多孔質という特徴による消臭効果など、


自然の木の良さの持つ特徴を余すところなく利活用できる断熱材として


重宝されています。


◆羊毛断熱材


文字通り、羊毛を使用した断熱材です。


羊毛の優れた保湿性能を活用した断熱材です。


また、臭いや化学物質の分解にも優れており、


自然素材の住宅に使われている事が多いです。


湿度を一定に保つ調湿性に優れていることから、


年間を通して結露が気になるお施主さまからの


関心が高まっている断熱材のひとつです。


また、繊維系断熱材を好むけれどグラスウールは


チクチクとするのではないかという懸念や、天然素材に対する信頼感、


既に洋服で体感している「熱伝導率の低さ」に関する安心感から、


近年注目されている断熱材です。


◆ロックウール


鉄炉スラグや玄武岩などを高温で加工することで作る石綿の一種です。


アスベストの代替材料として広く使用されています。耐火性・吸音性に優れる点は、


グラスウールに近い位置づけです。


ビニール袋に包まれた形状で出荷され、家の外壁と内壁の間に詰め込むように使用します。


素材そのものが水分を抱えることがなく、撥水性が高いことから、


形状の保持が容易であるとされています。


廃棄処理の際にも特殊な処分手順が必要でないことも一般化した背景です。


◆ポリエステル


ここ近年注目を集めている断熱材です。


アンダーウェア(ユニクロさんのヒートテック)や洋服などで、活用されている


高性能ポリエステルを使用した断熱材です。


普段から身に着けている洋服と同じ素材なので、安心・安全ということで


ここ数年は採用例が多くなっております。


また、ポリエステルが高性能化したことで、特にアンダーウェアで注目を浴びてますが、


断熱材としても同じく、壁内結露や家の中の湿度の調整など、湿気対策は万全です。


特徴は、羊毛断熱材に似ておりますが、羊毛断熱材より安く工事することが可能です。


次回は、発砲プラスチック系断熱材の種類と特徴をお伝えいたします。