メイの日記

高山市 K様アパート完成

本社の伊藤 昇です。

高山市 K様アパート新築工事では、北側に交通量の多い国道がある為に、入居者の方が夜ぐっすり眠れないかもしれないという事で、北面の壁に質量の多い断熱材24kgを使用し、遮音シートを張りました。

北面のアルミサッシには、YKKの断熱サッシAPW330(トリプルガラス)を使用しました。

北面の24時間換気の屋外フードと自然給気口には、遮音材付きを使用しました。

窓を開け閉めすると、遮音の効果がよくわかります。

 

 

屋根の軒先には、雪止め件、大きなツララが出来るのを防ぐ金物を取付けました。

屋根の板金と屋根に積もった雪との間に空間をつくり、空気を通わせて雪を少しでも溶かすようにします。

雪国ならではの金物です。

アパート名の看板は、モルタル造形です。

雪の季節でとても寒く、モルタルが凍らないように仮囲いとジェットヒーターを用いての作業となりました。

そして完成です。

違和感のない赤のカラーアスファルト舗装とマッチしていると思います。

LDKでは、壁クロスの柄を一部変えて張りました。

アルミスクリーンパーテーションの向こう側には、天候に左右をされないインナーバルコニー(物干室)があります。

寝室も壁クロスの柄を一面変えて張りました。

四つの小窓を一つにまとめて、おしゃれになったと思います。