一期一会 社長ブログ

自然素材の魅力

建材に含まれる化学物質によって室内の空気が汚染され、
目の痛みや鼻水、頭痛といったさまざまな健康被害が現れる
「シックハウス症候群」。


その症状には個人差があり全く影響を受けない人もいるというが、
それでも家にいるあいだ常に化学物質に晒されていると思うと
不安になる人も多いでしょう。


そうした不安を軽減してくれるのが、化学物質を極力含まない
”自然素材“をつかって建てる住まいです。


家族が健康的に、安心して暮らせる自然素材の魅力をお伝えします。


そもそも、シックハウス症候群を引き起こす化学物質とはどんなものなのか?


厚生労働省では、ホルムアルデヒドやトルエンなど13種類の
「建材に使われる危険物質」を定めているが、じつはこれ以外にも
健康被害を及ぼす可能性のある物質は無数に存在すると言われています。


住宅を建てるときに使われる化学物質は数万種類に及んでいて、
そのすべての安全性については分かっていないことも多いです。


発がん性をはじめ身体に何かしらの悪影響を及ぼす可能性が
ゼロでないのであれば、はじめから自然素材を使ったほうが
安心ではないかと考えます。


実際に、新築に移り住んだ直後に体調が悪くなるといった例もありますが、
自然素材を使ってリフォームしたことで体調が元に戻ったという方もいます。


なかでも影響が大きいのは、室内の大部分を占める「床」と「壁」。


ここを自然素材に変えるだけでもだいぶ違ってくるかもしれません。


「壁材としてよく知られる『塩化ビニールクロス』には、
さまざまな化学物質が使われています。


可塑剤は固いプラスティックを柔らかくするためのものですが、
じつはWHO(世界保健機関)でも発がん性があると報告されている
化学物質なのです。


ずっとクロスのなかにとどまってくれていれば問題ないのですが、
長い年月をかけて少しずつ室内の空気中に揮発していくことが
指摘されています。


そうすると、呼吸器系に悪影響を及ぼすことが考えられます。


また、意外と知られていないのが、フローリングなどの合板に
使われている接着剤です。最近は毒性が低いものになってきては
いるのですが、こちらも揮発して空間の下の方に溜まってきます。


室内の小型犬などのペットにアレルギーが増えているのも、
この接着剤が原因のひとつと考えられています。


自然素材を使うことで、こうした化学物質による不安も軽減されるでしょう。


自然素材のメリットは健康面だけではありません。


自然素材を使うことで、より快適に、過ごしやすい住まいになります。


例えば、冬場底冷えして寒くてしょうがない、という場合には
床を合板から無垢材に変えるだけで、足で感じる温度が違います。


無垢材だと裸足で歩いていてもポカポカ温かいのです。


合板は熱伝導率が高いのですぐに体温を奪ってしまいますが、
天然の木はもともと小さい穴がたくさん空いており空気の層が
ありますので、熱伝導率が低く体温を奪わないので温かく感じるのです。


また、壁の仕上げ材で漆喰や珪藻土などの塗り壁を使うと湿度を
調整してくれるので、夏場でもジメジメしませんし、
冬場は湿気を放出して空気の乾燥を防いでくれます。


人が快適と感じる40~60%の湿度を保ってくれるので、
必要以上に暑さ・寒さを感じないのです。


また、家の中の家具などにも危険な化学物質が含まれている
場合がありますが、自然素材の塗り壁などを使っていると、
化学物質を吸着分解してくれます。


自然素材を使うと費用的に少し高くなりますが健康第一です。


それでは。