一期一会 社長ブログ

セルローズファイバー断熱材施工

昨日からセルローズファイバー断熱材の施工が始まりました。


まず最初に屋根裏と壁に不織布を貼り、床をビニールシートで


養生をしてセルローズファイバーを吹き込む為の準備です。

 

屋根裏の吹き込み厚さは160mmで、壁は柱が120mmなので


少し控えて110mmの厚みになるよう不織布を貼ります。

 

いよいよセルローズファイバーの吹き込みです。


思っていたより吹き込む際にセルローズファイバーの粉が


舞うのでマスク無しでは中にいることが出来ません。


今日は大工さんが現場を空けているので良いですが、


セルローズファイバーの施工時は内部の作業は無理です。

 

上の写真は屋根裏のセルローズファイバー断熱の施工が


完了したところです。


次に壁の施工中の写真です。


外は遮熱シートがセルローズファイバー止めとなっているので


触ってみると硬く、しっかり吹き込んであることを確認しました。


工事中でも断熱性能が感じられるのではないかと今から楽しみです。


それでは。