一期一会 社長ブログ

調湿する建材

現代の住環境においては断熱化や気密化がすすみ、


また冷暖房機の発達によって室内は過ごしやすくなりました。


しかし、その反面、カビやダニの発生、過乾燥、


VOCの発生などが起こりやすくなり、


さまざまな疾患を引き起こすと言われるようになりました。


人が快適と感じられる湿度は、約40%~60%です。


湿度が、40%以下になると目や肌、のどの乾燥を感じるだけでなく、


インフルエンザウイルスが活動しやすくなります。


反対に60%以上になるとダニやカビが発生するようになります。


これは住む人の健康を脅かす深刻な問題です。


その解決策のひとつとして調湿する建材が注目されてきています。


調湿する建材とは、


室内の湿度を調整することのできる建材です。


つまり、室内の湿度が多くなるとその湿気を吸って湿度を下げ、


乾燥してくると湿気を放出して湿度を上げることを


自然に行う機能を有する建材です。


例えば、クロスや塗り壁やパネル壁材


そして無垢の木材などの調湿する建材は、


多孔材料であり、小さな空隙(細孔)を持っています。


この細孔の中に空気中の湿気が入ったり出たりすることで、


湿度を変化させます。


また、調湿する建材のほとんどが、


生活臭やVOCなどの分解をおこないますので、


なおさら健康的な空間になります。


クロスや塗り壁は新築の際やリフォームにての施工になりますが、


最近は、あとから大げさなリフォームではなく、


誰にでも簡単・お手軽施工できるパネル壁材などもあります。


また、断熱材などでも羊毛断熱材やセルローズファイバーなどの


調湿機能のある断熱材もあります。


クロスなどに調湿機能がない場合でも、


壁の内側にある断熱材が、調質機能があれば、


室内を調湿します。


自然素材系なので、調湿機能はもちろんのこと、


生活臭や化学物質の分解も行います。


また難点は一般的な断熱材より、価格が高いことです。


住宅の性能の向上と暮らしの文明の発達により、


すごしやすい空間を手にいれることができましたが、


シックハウス症候群など様々な問題が起きているのも事実です。


しかし室内の湿度をコントロールすることで、


問題を解決できることがあります。


家づくりは性能と価格のバランスを考え快適な空間を


考えた家づくりをすることが重要です。


それでは.