一期一会 社長ブログ

仮設電気分電盤の屋内設置

私たちは、現場の『美しさ』に拘りますを、スローガンに


掲げて8月から取り組んできた、現場の美化運動が順調に


進んでいます。


今回は仮設電気の分電盤について紹介したいと思います。


一般的には仮設電気分電盤から屋内に電源をもって行く方法は、


電気コードリールの電線を窓から室内に取り込む方法が


一般的ですが、この方法ですと養生がしてあっても窓枠や


サッシにすり傷が付く可能性や、雨の日など電気コードリール


の電線の取り回しで内部が汚れる場合があります。


当社の場合は、その問題を解決するため外部分電盤の他に


玄関内にも分電盤を設置しています。
 

また、電気の延長コードやコンプレッサーのホースなども


床をころがすのではなく、壁にフックを取り付けてそこを


這わす様にしています。


こうする事で、足元がスッキリして安全に作業をする事が


出来ると思います。


それでは。