二世帯住宅

丸共建設が考える二世帯住宅

まず、二世帯住宅の基本的な考え方は、親世帯と子世帯のコミュニケ-ションの取り方や、息子夫婦の同居、娘夫婦の同居など、同居のスタイルによる違いなど、プランニングをするうえで何を重点に考えなければならないかで違ってきます。

また、二世帯住宅を同居スタイルの違いで分けると同居型・部分共有型・分離型の3つに分けることが出来ます。私達は、3つの同居スタイルに合わせた理想の暮らしを提案します。

1.同居型

親世帯と子世帯の寝室以外の全てのスペースを共有しあう、昔から1番多く取り入れられてきたのが同居型です。メリットとしては、建築費用を抑えることができ、光熱費の無駄が無く、経済的なところです。デメリットとしては、プライバシーの確保が難しい部分です。床面積の問題もありますが、寝室を広めに取り、ソファーやテーブルを置けるスペースをつくり、寝室兼居間として使えるようにするのも良いでしょう。そして、親世帯は将来的な介護の問題も考え、寝室やトイレの位置、広さなどを考えることも重要です。

2.部分共有型

住まいのどこか一部を親世帯と子世帯が共有して使用します。お互いの生活パターンや考え方により、共有して使用するスペースに違いがでてきます。メリットとしては、プライバシーの確保が出来ることや、お互いの生活パターンを守れることがあげられます。デメリットとしては、建築費用のアップ、光熱費が二世帯分必要になる点です。親世帯と子世帯が共有して使用する交流の場所をどの部分にするかが重要になってきます。共有部分に関しては、双方で管理の仕方などを決めておくと良いでしょう。

3.分離型

簡単に言えば、一戸建ての建物を二棟隣り合わせで建築するイメージです。その形態として、一戸建ての建物で、双方が玄関または、内部のドアで行き来ができるようにしたタイプと、1階と2階で世帯を完全に分け、内部の階段もしくは外部の階段を上がり、直接2階に行けるようにしたタイプがあります。暮らしの面では相手世帯の影響を受けることなく、お互いの生活パターンが守られ、一戸建てに住んでいるような気楽さがあります。だだし、お互いの生活音に関しての配慮が必要だと思われます。

二世帯住宅を建てる前に・・・

二世帯住宅においては、互いの小さな遠慮や依存の積み重ねから、大きなストレスが生まれがちです。住み手の心構えとしては、心理的、経済的に自立しながらも、いざという時には苦労や喜びを分かち合うという精神が必要です。親世帯と子世帯でよく話しあい、同じ家で住む訳ですから、共存共栄の気持ちが大事になってきます。

高齢化社会を考えた、丸共建設の二世帯住宅

高齢化社会が猛スピードで加速するなか、都市部においても二世帯住宅を建てられる方が多くなってきました。いつまでも快適に暮らせる二世帯住宅の実現には、信頼できる家づくりのプロをどの時点で見つけられるかが大きな鍵となります。

快適な二世帯住宅の3つのポイント

1.親子で遠慮せず意見を出し合う

二世帯住宅で最も多いクレームは「お互いに遠慮して意見が言えず、希望の家にならなかった」ということだそうです。まずはお互いの意見をきっちり述べること。相手に悪いから・・・こんなことを言うと気まずくなるのでは・・・という消極的な思いが、失敗する最大の原因なのです。

お互いに話し合いをすることが、プランニングをするうえで1番大切だと認識することです。また、親子で話し合いをするときは、必ずメモなどを取り文章化することが大切です。お互いの希望に優先順位をつければ、意見調整のときに大変役立ちます。

2.将来の生活スタイルを明確にイメージする

次に大切なことは、親世帯、子世帯、それぞれ5年後、10年後の生活スタイルを想像してそれに対応できるようにプランニングすることです。例えば、1階は日当りが悪いため、親世帯を日当りのいい2階に住んでもらうようプランニングする場合、今はよくても、将来的に足腰が弱ると移動が困難になることが予想されます。

そこで、将来的には可動式の昇降機を取付できるような設計をするなどの、将来を見据えたプランニングをすることが必要になってきます。

3.信頼できる家づくりのプロに相談する

自分達の希望やライフスタイルの素案がまとまったら、まずは家づくりのプロに相談してみることです。住宅建築に長年携わってきたプロの意見には、参考になる意見や提案が多々あるでしょう。ただし、助言を受けても、どうしても自分達が実現したいプランがあれば、その旨を伝えて代案などを出してもらうことも大切です。

二世帯住宅の知識

二世帯住宅の所有形態(登記の仕方)は、単独所有・共有所有・区分所有という、3つに分けることが出来ます。それぞれ適用される税額や減税措置に違いがあります。

単独所有

1人の名義で家を所有するもので、住宅ローンを組む場合は、所有者単独の名義でしか融資を受けられません。当然、一戸の住宅とみなされますから、不動産取得税や固定資産税は、土地や建物の大きさに応じて支払うことになります。また、両世帯で出資していながら単独所有とした場合、贈与税が発生する場合もあるので、注意が必要です。

共有所有

複数の名義人で家を所有するもので、出資金額に応じて持ち分割合を決めます。住宅ローンを組む場合は、名義人それぞれ住宅ローンを組むことが出来ます。長期優良住宅とした場合の優遇制度や、ローン減税は名義人ごとに適用されます。但し、一戸の住宅を複数名義で所有するという考え方のため、固定資産税は、単独所有の場合と同様に住宅全体の大きさに応じて支払わなければなりません。

区分所有

二戸の独立した住宅として各々の名義で所有する形態で、「長屋」または「共同住宅」という建て方をいいます。この場合、ローン減税はもちろん、固定資産税の軽減措置も、各世帯で利用できます。たとえば固定資産税を考えると、一戸あたり土地200平米までは課税評価額が1/6に軽減され、建物についても一定の基準内であれば120平米分について3年間は半額に軽減されます。この軽減措置を各世帯で受ければ、かなりの節税になるはずです。但し、区分所有にするためには。世帯の境界となる壁や床を防火、耐火構造にしたり、世帯間の出入り口を防火扉とし、施錠できるようにするなどといった条件を満たさなければなりません。建築コストはアップしますが、将来の用途転換や防災、防犯の意味からすれば、そのコストアップが「お得」を生むことも十分考えられます。

二世帯住宅の悩み Q&A

子世帯

Q.二世帯住宅になったら、夫婦で遊びに行ったり一人で外出しにくくなるのではないかと不安です。

A.お子様が居るか居ないかにより状況が大きく変わると思いますが、相手の両親に自分の事を良く見せようとしてしまと、どうしても長い同居生活をする上で、大きなストレスのなってしまいます。もし、世帯間で決めた役割ごとが有るようでら、それをしっかりと済ませてから、外出されればいいのではないでしょうか。また、できる限り本音で話し合える関係づくりを心がける事が大事になってくると思います。(親世代も行動派の方が多くなってきたので、お互いに同じ事を思って見えるかもしれませんね。)

 

Q.二世帯住宅でお風呂が一つだと、洗面脱衣室で両親と鉢合わせにならないか心配です。

A. 洗面所と脱衣室が一つの場合、その様な心配があると思います。この場合、入口に鍵を付けるのも一つの方法ですが、お風呂に入っている時は、洗面所が使えない不便さがあります。建物の大きさや資金的に余裕があるのであればお風呂を2ヶ所設置する事をお勧めします。お風呂を2ヶ所設置するのが無理な場合は、脱衣室と洗面所を別々にするのが良い方法だと思います。

 

Q.食事の時間帯や食習慣が違うので、キッチンを1ヶ所にしようか2ヶ所にしようか迷っています。

A. 食事の時間帯や食習慣が違う場合、間取りや面積、予算が許すのであればキッチンを2ヶ所設けたほうが良いと思います。食習慣が違えば食材や味付けなども違ってくるので、購入する食材など無駄が発生し、不経済となります。また、どうしてもキッチンを2ヶ所取り付けしたいけれど、間取りや面積的に無理な場合は、2階のホールにミニキッチンを取り付けるのも一つの方法でしょう。

 

Q.二世帯住宅を計画する上で、家族全員での意見をどの様にまとめればいいのでしょうか。

A. まず初めに、今回の二世帯住宅を建てる目的や理由を再度明確にするため両世帯間で本音で話し合う必要があります。目的や理由を再確認する事で、間取りや設備・仕様など、重要視する部分が明確になってくると思います。また、すべての要望を満足する事はできませんので両世帯間で話し合いをして優先順位をつけましょう。

親世帯

Q.私達も建物の費用を負担するのですが、土地と建物の名義はどの様にしたらいいのでしょうか。

A.一般的には、土地の名義は自分にされ建物の名義は出資する割合に応じた持ち分にされる形になります。建物の名義を息子様だけとする場合、住宅取得資金の贈与税非課税枠500万円(平成26年度適用)と基本排除、110万を合わせて、610万円まで非課税となります。それ以上の費用を出資される場合は、相続時精算課税制度(平成25年4月1日現在、2,500万円まで)を利用して頂き、贈与税ではなく相続税に課税の対象となるように申告される方法をお勧めします。贈与税の税率は、非常に高いのに対して、相続税は基礎控除も高く、控除額が大きくなるので、税金として納める可能性は非常に低くなります。

 

Q.食事を一緒にしたいと思うのですが、時間帯が違います。息子夫婦に合わせた方が良いのでしょうか?

A. 最近は、夜遅くまで働かれる方が多くなり、帰宅時間が11時とか12時になるケースが多くなりました。さすがにそんな遅くに食事をするのは無理があるかと思います。お休みの日は家族そろって食事をするとか、何曜日の夕飯は一緒に食べる日にするとか、一緒に食事をする日を決められてはいかがでしょうか。

 

Q.私達は、共有部分のある二世帯住宅を望んでいますが、息子夫婦は完全分離型の二世帯住宅を望んでいます。どうすればいいでしょうか?

A. 一番大切だと思うことは、息子さんのお嫁さんが、二世帯で住む事を正直なところどう思っているかという事を理解する事が重要だと思います。お嫁さんへの配慮がこれから二世帯住宅で暮らしていくためのポイントとなります。分離型ではいけないのか?一部分でも共有する事ができるのか?共有するならどこの部分なのか?などを、話し合いされると良いと思います。なお完全分離型は住宅設備などが、2ヶ所取り付ける訳ですから建設費用もそれにともなって高くなる事も考慮する必要があります。

間取り参考例

分離型の二世帯住宅 

一般的な分離型の二世帯住宅の間取りです。玄関のみ共用スペースとし、1階を親世帯の生活スペースに、2階は子世帯の生活スペースとし、両世帯の独立性を考えた間取りです。1階のLDKは16.94帖の広さがあり、食堂は一般の床より40cm上げて畳敷きとしました。

2階の子世帯の生活スペースには、浴室と洗面所は1階に配置し、2階は3LDKとしLDKを中心に各部屋に往きき出来る間取りとしました。両世帯のプライバシーを守る事が出来る間取りですが、1階と2階の騒音の問題も考えて防音対策は十分に検討する必要があります。

完全分離型の二世帯住宅

両世帯を完全に分離した二世帯住宅の間取りです。親世帯の間取りは将来的に車椅子が使用出来るように廊下やトイレなどを広めに取りました。また、階段の上がり降りの不便さを解消するためホームエレベーターを設置しました。1階の間取りは両世帯のプライバシーを考慮して往きき出来ない間取りとしました。

日当りを考慮して2階にLDKを配置しました。また、両世帯の団欒のスペースとして共有バルコニーと共有の和室を設けました。