お役立ちブログ

子供の部屋の配置

2階は子供の部屋だけ、という間取りは避けるべきです。


従って、子供の部屋はなるべく親の寝室と同じ階に配置しましょう。


同じ階で寝ていれば、気配である程度何をしているか感じることが可能です。


また、階段の上り下りや、ドアの音などで部屋にいるかどうかも把握しやすいです。


いちいち子供の部屋に入ったりせず、自然に子供の行動を把握することで


会話のきっかけも掴みやすくなります。


また、共有スペースは親子で楽しく過ごせる工夫をしましょう。


リビングルームやダイニングルームなどの共有スペースの計画をする際には、


親子で一緒に楽しめるスペースを作るようにしましょう。


親だけでなく子供もマイホーム計画に参加することで、親子一緒の時間を


より楽しむことができます。


スペースの作り方は家族によって異なります。


子供も親も仕事や勉強で忙しいという家族の場合は、家族で一緒に使える


スタディスペースを作るのがオススメです。


お互いにどんな作業をしているのかわかるのでいい刺激になり会話も弾みます。


テレビ鑑賞やゲームが好きな家族はテレビの空間を充実させるのも良いでしょう。


スピーカーを置いて音響を良くし、家族全員がゆったり座れるソファを置くと


長時間楽しむことができます。