お役立ちブログ

20代の住宅ローンの選び方(その2)

前回に続き、20代の方が、住宅ローンを選ぶ際に


重視すべきポイントをお伝えします。


◆返済計画の立てやすさを重視する


20代でマイホームを購入し、住宅ローンを借り入れる方の多くが


35年ローンで返済計画を組んでいます。


住宅ローンの返済は、長期間に渡るため、返済計画が立てやすい


住宅ローンを選ぶのも大切なポイントです。


また返済計画の立てやすさという意味では、政府系金融機関


「住宅金融支援機構」と民間の金融機関が提携し、


提供する固定金利住宅ローン「フラット35」にも注目です。


フラット35は、他の長期固定金利住宅ローンと比較すると


借り入れ条件が厳しくないため、20代でも住宅ローンを借り入れしやすく、


なお且つ金利も低いので、無理なく利用することができます。


フラット35の場合、年収に占める年間合計の返済額の割合が、


下記の条件を満たしていれば、住宅ローンを借り入れることが可能です。


〇年収400万円未満→年間合計返済額の割合:30%以下


〇年収400万円以上→年間合計返済額の割合:35%以下


返済計画が立てやすい住宅ローンの利用を考えている方はもちろん、


なかなか住宅ローンの審査に通らないという20代の方は、


審査基準が明確で、条件を満たしていれば、


審査に通るフラット35の利用を検討しましょう。