いかに信頼関係を築けるか

最後のポイントは、その住宅会社がモラルを持って良心的な家づくりをしているかに尽きます。

信頼のおける社長が経営している会社かが重要なポイントでしょう。社長のモラルが欠如していると、その下で働く社員・職人もだめな場合が多いです。耐震的に不安定な家の設計、ずさんな現場管理のため職人の手抜き工事が起こり、欠陥住宅につながるのです。担当者の良し悪しはもちろんですが、住宅会社の最終的な決定権は社長にあります。

特に、住宅会社のようなところでは、社長のポリシーがその会社の前面に現れてくるのです。そして、営業マンがどんなに良いことを言っても最終決定権は社長にあります。どんなにキレイごとを広告やパンフレットに謳おうと、儲け主義の社長の顔にはそれが表れます。トラブルになったときの対応も、その社長の判断で変わってくるのです。お客さまを大切にする気持ちをもった社長なのか?全てはそこに尽きてしまうのです。

そして、家は建てて終わりではありません。その後のメンテナンス、アフターサービスなどそこからのお付き合いの方が長くなるのです。長いスパンで良い付き合いをしていこうとする住宅会社は自分たちも困るような欠陥住宅はつくらない努力をします。長い間にはあなたの担当者は会社を辞めるときもあるでしょう。そうなったときのことを考えると、会社の軸である社長の考えやポリシーが非常に大事になってくることを分かっていただけると思います。トラブルが多い会社だと、社長はなかなか表に出たがりません。責任の所在をぐるぐるとたらいまわしにされ、解決に時間がかかることが多いのです。また、経営状態の悪い会社だと、手抜き工事が心配されます。他社に比べて、安すぎる、話がうますぎる場合は疑ったほうが良いでしょう。経営状態が悪いところだと、びっくりするくらい安い金額で請け負って工事中に倒産してしまう会社もあるようです。あなたが、値切りすぎるのも欠陥住宅を生むもとになってしまいます。お互いに信頼関係を築けないような住宅会社との家づくりではやはり安心できません。ひとつの家づくりを共にしていくパートナーです。お互いに信頼でき、対等な立場であることが重要です。信頼関係が築けない住宅会社とはどんなにお得でも契約しないことです。