一期一会 社長ブログ

省令準耐火構造の家

建物の構造や種類によって火災保険料が違ってきます。


構造の種類は、M構造、T構造、H構造の3種類に別れます。


M構造は、マンション構造の頭文字を取ったものでコンクリート造の


建物をいいます。


T構造は、耐火構造の頭文字を取ったもので、H構造は、非耐火の頭文字


を取ったものです。


T構造の建物は、一般的に2×4工法の建物をさします。


木造軸組工法の建物は、H構造に分類されます。


H構造とT構造の建物の火災保険料を比べると、H構造よりT構造の方が


40%ほど保険料が安くなります。


一般的には木造軸組工法では、T構造の認定申請をするには無理な部分があります。


当社の場合、JBN仕様での木造軸組工法による省令準耐火構造構造の住宅を


建築することができます。


室内に化粧梁を現しにしたり、化粧の柱を現すことも出来、木造軸組工法でありながら


T構造を取得することが出来ます。


一般的な木造軸組工法と比べると費用的に少しアップしますが、省令準耐火構造で


火災保険料が安くなるので、トータルすると同じくらいの金額になると思います。