住宅ローン金利の種類

マイホームを建てる場合、多くの人が住宅ローンを検討します。特にこだわりの注文住宅は通常よりも資金が必要になりますので、住宅ローンの種類や借入金額、返済方法など、無理の無い資金計画が重要になります。
ここでは、住宅ローン金利の種類の特徴をご紹介いたします。

全期間固定金利型

全期間固定金利型ローンは「長期固定金利型住宅ローン」とも呼ばれ、金利が借入日から最終返済日まで変わらず、金利情勢により借入の金利が左右されないというメリットがあります。
返済計画が立てやすく、安定した返済プランを立てたいという方には、この全期間固定金利型がおすすめです。しかし将来的に借入の時の金利より下がることも予想されますので、金利環境を見極める事も重要となります。

固定金利選択型

固定金利選択型ローンとは、「固定期間設定型ローン」「固定金利特約付ローン」とも呼ばれ、一定期間だけ金利を固定する特約を付けたローンのことをいいます。当初選択した固定金利期間が終了した時点で、固定金利選択型もしくは変動金利型のどちらかを選択することが出来るタイプです。金融機関によって固定期間は異なりますが、多くの場合は、2年・3年・5年・10年・15年から当初の固定期間を選択することになります。固定金利選択型ローンは、キャンペーンなどを行っている所もありますので、低金利での借入ができますが、借入時に固定期間終了後の返済額が確定されないので不安な部分もあります。

変動金利型

変動金利型とは、金利情勢によって定期的に適用利率が変動するものをいいます。
全期間固定金利型とは真逆の金利タイプで、急激に金利が上昇した場合は、その影響を大きく受けてしまいます。
しかしその半面、金利が下がると返済の負担も下がるというメリットもあります。

金利の動向をタイムリーに活かしたい方、毎月の返済額に余裕がある方は変動金利型が向いているといえます。
それぞれにメリット・デメリットがあります。そのため住宅ローンをお考えの場合には、ご家庭にマッチした金利タイプを選ぶようにしましょう。

当社は、自然素材を取り入れた住まい、オシャレな洋風デザインの住まいなど、お客様の希望・要望をカタチにする家づくりを行っています。名古屋市や春日井市注文住宅を建てたい、資金計画について相談したい、と言う方はお気軽にご連絡ください。