注文住宅のメリット

建売住宅と注文住宅にはそれぞれメリットがあり、どちらを選択するかは様々な要因で異なります。
理想の家を実現するために最適といえる「注文住宅」のメリットをご紹介しますので、家づくりの判断材料としてお役立てください。

こだわりをカタチにできる

間取りが完全に決まっている建売住宅と比較すると、注文住宅は自由度も高く自分好みの家づくりが可能です。
注文住宅を購入する方の多くは、家に対して強いこだわりを持っているといえます。
無垢材などの自然素材で癒し空間と快適性を求める方、和風や洋風それぞれの雰囲気を感じたい方、アジアンテイストの雰囲気を考えている方など様々です。専門家のアドバイスを聞きながら、家づくりを進めることができるので、こだわりをカタチにしやすくなります。

将来を見据えた住宅設計

注文住宅であれば、将来を見据えた住宅設計が可能です。お子様がいらっしゃるご家庭であれば、大きくなったときのことも考えて、子供部屋の間取りをあらかじめ広めにしたり、家族が増えたときのために増改築がしやすいカタチで家をつくることもできます。注文住宅には、建売住宅よりも将来を見据えた住宅設計がしやすいメリットがあります。

愛着が持てる

建売住宅と比較すると、注文住宅は何もない状態から家づくりがスタートし理想の家に仕上げていきますので、家に対する想いの強さが意識にも反映してきます。自分でつくり上げた家だという実感は愛着となり、住む期間が長くなるに連れてその愛着をより深めることにもつながってきます。

当社は、自然素材の家づくりを手がける工務店として岐阜県下呂市の本社の他、愛知県春日井市に営業所と展示場がございます。展示場では、いつでもご覧いただけますよう自然素材のサンプルなどを豊富にご用意していますので、名古屋市や岐阜市など遠方のお客様もぜひお立ち寄りください。
その他、資金計画のご相談・プランニング・見積もりなども無料にて承っていますので、お気軽にお申し付けください。