木造住宅の魅力について

注文住宅の良さは、間取りや建材等の仕上げ材を自由に決めることが挙げられます。
注文住宅の中でも評価の高い木造住宅は、空間設計の自由度が高く、住む人の個性や暮らし方に合わせた家づくりが可能です。また親と同居する二世帯住宅も増えているため、和風の注文住宅や、増築に木造在来工法を活用されることが多くなってきました。木造住宅は新築時だけではなく、リフォームやリノベーションを行う際も、高い自由度で増改築することができます。ここでは木造住宅の魅力について、ご紹介いたします。

身体的・精神的にも健康になれる

日本では古くから木造住宅が主流で、構造材に無垢の木材が用いられます。無垢材を使用した木造住宅は、鉄骨住宅に比べ熱が奪われにくく、壁体内結露の心配が少ないため安心して暮らすことができます。また木の肌触りは心地良く、森林浴などで健康に良いとされるフィトンチッドの健康作用も期待できます。自然な温かみのある木造住宅の無垢の床は柔らかいため、裸足で歩き回っても疲れにくい特徴を持っています。

そして木材の経年変化による独特のツヤや色合いが、深みと味わいのある家に変化していきます。
古い木造民家やログハウスに落ち着いた雰囲気があるのは、木の醸し出す癒しの効果があるからなのです。
馴染みのある無垢の木を使った木造住宅は健康面にも配慮しているため、注文住宅の中でも評価が高いです。

耐用年数が長い

高温多湿である日本は、腐食が激しく建物の劣化が早いため、住宅の耐用年数が短いと言われています。
そんな高温多湿な日本の気候・風土に最もふさわしいのが無垢材を用いた木造住宅です。無垢材は、湿度の高い梅雨や夏の時期は水分を吸い取り、乾燥しやすい冬の時期は水分を放出し、建物の劣化や腐食を防ぎます。

また無垢材は、鉄骨住宅に比べ引っ張り強度や圧縮強度が優れ、曲げの力に対しても強さを発揮しますので、地震大国である日本の住宅に合った素材と言えます。耐火性にも優れる無垢材は火災時、表面に炭化層を形成するため芯まで燃えるのに時間が掛かります。また化学物質を含まない無垢材は、有毒ガスが発生する心配もありません。

当社は自然素材の注文住宅を得意としており、数々の重要文化財を手掛けた飛騨の匠たちの建築技術を、今も大切にしています。創業53年目の当社は、お客様に満足して頂ける家づくりに取り組んでいます。
二世帯住宅へのリフォームや、伝統的な和風住宅なら、ぜひ当社にお任せください。
春日井市に営業所と展示場を設けておりますので、春日井市や、名古屋市で住宅建設をお考えの方はぜひ一度見学にいらしてください。